裁くもの、裁かれるもの RE:MASTER

作品紹介

タイトル

裁くもの、裁かれるもの RE:MASTER

イントロダクション

被害者の名前は,吉岡さとる。
胸から血を流し倒れているところを発見された。

被告人は,花宮真琴。
被害者の胸を刺してしまったと,自供している。

検察官は,被告人を殺人罪で起訴。

弁護人は,正当防衛により無罪を主張した。

これは法廷内で真実を追求する新ジャンル「法廷マーダーミステリー」。

裁くものと裁かれるもの,あなたはどちらの人生を歩むことになるのか。

「法廷マーダーミステリー」とは?

既存のマーダーミステリーとは違い”事件の犯人”ではなく”事件の真実”を見抜き、更に自分自身の立場に取って有利な判決へと議論を誘導していただく、まさにリーガル・サスペンスを体験する作品です。

検察側、弁護側、裁判官側と分かれてのチーム戦になります。
通常のマーダーミステリーに比べかなりヒートアップした議論が予想されます。ハードな議論や交渉を楽しまれたい方にオススメさせていただきます。

マーダーミステリーとは?

中国で大ブームになっている「Murder Mystery Game(マーダーミステリーゲーム)」というジャンルのゲームです。殺人などの事件が起きたシナリオが用意され、参加者は物語の登場人物となって犯人を探し出す(犯人役の人は逃げ切る)事を目的として会話をしながらゲームを進めます。
それぞれの役柄のバックボーンや事件当日の行動などがシナリオとして用意されており、まさに自分自身が推理小説の世界に入ったような体験ができます。各シナリオは一度体験するとすべての謎が解けてしまうので一生に一度しかプレイできないことも特徴です。

所要時間

約3時間30分(説明、エンディング含む)

プレイ人数

8〜9名

クレジット

企画監修:酒井りゅうのすけ
原作:のりっち
マスタリングエンジニア:椿
デザイン:白坂翔

料金

4,000円(税込)

団体様(8〜9名)用貸切

1組36,000円

会場

ミステリースペース Rabbithole(ラビットホール)渋谷店
渋谷区渋谷2-14-13 岡崎ビル 602
電話: 03-6427-4430

諸注意

※ご予約人数が8名に満たない場合、前日に公演のお振替等のご連絡させていただきます。また、当日になり公演の実施が難しい人数の場合は、別日への振替をご提案させていただきます。
※各公演開始20分前より受付開始となります。
※会場には公演スタート時間5分前までにお集まりください。
※公演スタート時間に遅れた場合、他の参加者のご迷惑となりますのでご参加いただけません。ご注意ください。
※飲酒されてるお客様のご入場はお断りする場合がございます。
また、キャンセル料は以下の通りとなります。
【当日キャンセル】100%
【前日キャンセル】50%
※お客様のキャンセルによりイベントが中止になった場合は、参加者全員分の参加費をお支払いいただく場合がございます。

参加お申し込み

参加お申し込みはご希望の公演日時を以下のリンクよりお選びいただき、お進みください。

Rabbithole予約システム