返信先: 双子島神楽歌

ホーム フォーラム 双子島神楽歌 返信先: 双子島神楽歌

#2614
清春
ゲスト

清春でプレイしました。

シナリオ自体は面白いなと思ったのですが、容疑をかけられることもなく、そのため隠すべき情報もなく、役柄上終盤まで議論に参加できず、自分の力量不足もあるかもしれませんが主体的にシナリオに関わって行く事ができなかったのでマダミスらしさをあまり味わう事ができないなと感じました。
犯人につながる情報はもっているが、他の人の思惑は共有されづらい、その上物語の本筋に関わっていないため清春自身の情報を知りたがってる人もいない(もっている情報は別)ので探偵がオープンな場で議論を展開しないと途端にやることがなくなります。
流れ次第で楽しくなくなることがあるのはマダミスの抱える命題だとは思いますが(GMさんも探偵役で情報が集まらず「その時は」クソゲーと感じたと言っていましたし)もうちょっとなんとかなったんじゃないかなと思ってしまいました。

プレイ上気になった点は
過去の密談で一度見た情報を後半の密談で再確認したときにGMさん声をかけられて追加情報をもらったのですが、【密談を運良くGMに聞かれない限り情報がもらえないシステム】は理不尽でよろしくないなと思いました。
『証拠にランダムに番号かアルファベットを振り、ミッションシートに「証拠Aを見た場合GMに言って追加情報をもらう」というような内容を記載しておく』など、証拠を見て思い出せる情報を自分から取りに行けるようにしてほしかったです。30分以上早く宝刀が出てきた可能性があり議論に大きく関わったと思います。(清春が議論に関われる時間も長くなったはず)

あと清春さんが(自分の家のものとはいえ)宝刀を取り返したい動機はシナリオに書いてほしかったです。
盗まれている・無くなっているという記述もないまま突然ミッションに取り返すと書かれているし、父親と仲が悪くなくても宮司になる気がなく島を出ようとしてる、双子石のこともまともに覚えてない(神事に関心がないように思える)人間が宝刀に固執する理由が正直わからずシナリオへの没入度も薄かったです。