返信先: 双子島神楽歌

ホーム フォーラム 双子島神楽歌 返信先: 双子島神楽歌

#310
RootA
ゲスト

9日 19時の回でプレイさせて頂いた、両義清春役のRootAです。
結果
・メインミッション失敗→0点
・サブミッション(宝刀を手に入れる)成功→メイン失敗のため0点

Twitterでも呟いたのですが、これは犯人当てゲームとしての楽しみよりも、物語の中に深く入り込んで、キャラクターとして物語を体験する楽しみがとてもありました。
途中で、清春とシンクロしすぎた所為か、「姉だけは絶対犯人ではない」と思っていました。

浴衣のマークに気づき、カーディガンの「C」にちょっとだけ違和感を覚えていたのですが、そんなものがあっても、弟はこんなに仲の良い姉が犯人なんかであるはずがないと、謎の感情が芽生えていました。
(カーディガンは、姉が船護の娘であることを知っていて、本名をつけているのでは? と最初に思ったのですが、後半になるにつれて、船護の事は最初からはしらなかったらしい的な空気だったので、その予想を全て排除していました)(まさか結婚後の名字だったとは……!!!)

もう少し良く動けば、この回の清春は真相へ近いところへ行けたのかな? とも。

最初に、医者の持ち物と姉の持ち物から、同じ写真をひいてしまったのもなんとなく、姉が誰か別の人の子供なのではないのか? という想像をかき立てられました。
そのため、自分と姉は、本当は血は繋がっていないのでは? と思ってしまい、そんなことはあるわけがない。自分と姉は絶対姉弟なんだと思い込みたい衝動と同時に、でももしかしたら違うのかもしれない……という絶望を抱えながら、この物語の中を生きました。

凄く面白く、またGMの方の存在がとても安心感があり(居るんだけれども、黒子である、みたいな印象を受けました)集まったプレイヤーさんとの時間の共有が、とても良質なものでした。

一度しかできないのは納得なのですが、一度しかやれないのが悔しい! となっています。
ジレンマです。

本当に、楽しい時間をありがとうございました。