返信先: 双子島神楽歌

ホーム フォーラム 双子島神楽歌 返信先: 双子島神楽歌

#317
なすび
ゲスト

9/13(金) 19時
千景自首エンド回の洋役でした!

まず、シナリオを見て「え!犯人を知ってる役がいるの!?」と驚き。探すか探されるかの2択だと思い込んでいたので予想外でした!瞬時の嘘は下手な方だと自覚があるので「重要ではない事に時間を使わせて、皆んなが核心に辿り着かないようにする事」を1番の目標に動きました笑。自分が犯人だと思われる分には構わないので、その部分では気楽でした。

進めていく中では、千景に犯人としての自覚があるのかの見極めが難しかったのと、千景に繋がる証拠がどの山に眠っているのかを考えるのが難しかったです。証拠がオープンになる度に、何が出てくるのか、ヤバい物だった場合にどう説明するか考えながらだったので、終始気が抜けませんでした。

結果、最も確保したかったカーディガンは亮ちゃんに見られてしまい、密談で「これ知ってる?」と聞かれた時が洋的ハイライト!笑 「千景は何て答えたんだろう…、千景の答えと不一致になったらまずいぞ…」とドキドキしながら話していました。亮ちゃんが「千景はこう言ってるんだけど」という感じで話し出してくれたので、なんとか合わせる事が出来ました。その時は「どうして亮ちゃんは先に情報をくれたんだろう?」と思いましたが、後から考えてみれば、探偵陣営の皆さんも、犯人に協力者がいる前提では考えてないですもんね。自分にやましい事があると、要らぬ防御思考が出てしまうものだな〜と思いました💦

色んな千景と洋がいると思うのですが、自分はかなり守備的な洋だったかな〜と思います。千景とは密談も一切しませんでした。アグレッシブな2人だと、口裏を合わせて誰かに罪を誘導したりするのでしょうか!? プレイの数だけ物語があると思うので他の回の物語も興味深いです。

事前には犯人が不利なんじゃないかと予想していたのですが、メインミッションとサブミッションでバランスを取る手法は凄いなと思いました。陣営の利益と個人の利益が相反する役どころは難しそうですね!

初めてのマーダーミステリーでしたが、同宅の皆様、GM酒井様のおかげで楽しくプレイできました。ありがとうございました!(感想が溢れて長文失礼しました💦)