【オンライン公演】償いのベストセラー

作品紹介

タイトル

償いのベストセラー

イントロダクション

その小説家は絶対に顔出しをしなかった。
担当編集者との原稿のやり取りやインタビューもメールのみで行われるという。3年前にベストセラー大賞を受賞した時でさえ記念パーティーに来ることはなかった。

そんな小説家『藤原ナルミ』も最近はヒット作に恵まれていない。
しかしその神秘性から、カルト的なファンたちが多く存在した。
ある日、そんなファンが参加するオンラインサロンに書き込みがされる。

ーーーーーーーーーーーーー

『私には死期が近づいております。死ぬ前にどうしても先生にお会いしたい。天涯孤独の私には財産を譲るあてがございません。それをどうかあなたに受け取って欲しい。作品作りの糧にして欲しいのです』

『4月12日18時に、私が所有する山荘にてお待ちしてます』

ーーーーーーーーーーーーー

指定された当日、山荘には藤原ナルミだと名乗る7人の人物と、山荘の管理人がリビングを囲んでいた。大雪の影響で朝一番に到着するという山荘の所有者を待つことにした8人。

真夜中、あなた達の目の前で人間が炎に包まれていた。まるで藤原ナルミの代表作『虹になったあの日』のラストシーンを模倣しているかのように。

山荘の管理人が言い放つ。

「警察には連絡するな。誰も山荘から出さず犯人を特定しろ」

こうして奇妙な殺人事件の幕が開いた。

マーダーミステリーとは?

中国で大ブームになっている「Murder Mystery Game(マーダーミステリーゲーム)」というジャンルのゲームです。殺人などの事件が起きたシナリオが用意され、参加者は物語の登場人物となって犯人を探し出す(犯人役の人は逃げ切る)事を目的として会話をしながらゲームを進めます。
それぞれの役柄のバックボーンや事件当日の行動などがシナリオとして用意されており、まさに自分自身が推理小説の世界に入ったような体験ができます。各シナリオは一度体験するとすべての謎が解けてしまうので一生に一度しかプレイできないことも特徴です。

所要時間

約2時間30分(説明、エンディング含む)

プレイ人数

7名(固定)

ご参加の際に必要な環境

オンラインでの公演となります。
Discordでのグループ通話を行い、盤面表示はユドナリウムを利用いたします。
シナリオの確認やゲームマスターとのやり取りで一部チャットを利用する場面もございます。

スマートフォンからは参加できません。
参加者様はパソコンのご用意をお願いいたします。

当日のプレイタイムまでにサーバーを設置してご案内いたします。
事前にシナリオを配布を行い、開演までに読み込みをお願いいたします。

クレジット

監修:酒井りゅうのすけ
シナリオライティング:かとうゆうか
デザイン:白坂翔
アンバサダー:久保よしや

料金(通常グループチケット)

24,500円【3,500円/1名】(税込)
※グループチケットのみの公演となります。
※公開されているカレンダーの日時を選択いただいて公演にご参加いただきます。
※チケット購入後に幹事様(購入者様)に連絡をさせていただき、サーバーに他のプレイヤー様をご案内いただきます。

ご予約

Rabbithole予約システム (オンライン)

ご予約後のメールにご連絡事項がございます。
必ず確認をお願いいたします。

料金(日程調整グループチケット)

26,600円【3,800円/1名】(税込)
※グループチケットのみの公演となります。
※担当ゲームマスターと直接TwitterのDMにてご連絡いただき、日時を調整させていただきます。
※日時確定後にチケットをご購入いただき、公演サーバーに他のプレイヤー様をご案内いただきます。

ご予約

江島志穂(Twitter/shiho_lamblove)

小池ウラン(Twitter/Uran_Bird)

*Twitterをフォローいただき、DMにて日程をご相談ください。