【オンライン公演】四つの眼窩

四つの眼窩

作品紹介

タイトル

四つの眼窩

イントロダクション

安政6年(1859年)、幕末。黒船来航を契機に国は二つの思想の下に分かたれ、混乱は深まりつつあった。
冬篭りの飛騨の寒村に三人の旅人が訪れた。珍しい客人の到来を歓待しようと、その夜ささやかな宴が開かれる。
翌朝、旅人の一人が死体となって発見された。
疑わしきは宴に集った七名のみであったが、死体の状況は、村に伝わる神の災いであるかのようでもあった…。
寂れた集落に隠されたおぞましい物語の扉が、いま静かに開け放たれようとしていた。

マーダーミステリーとは?

中国で大ブームになっている「Murder Mystery Game(マーダーミステリーゲーム)」というジャンルのゲームです。殺人などの事件が起きたシナリオが用意され、参加者は物語の登場人物となって犯人を探し出す(犯人役の人は逃げ切る)事を目的として会話をしながらゲームを進めます。
それぞれの役柄のバックボーンや事件当日の行動などがシナリオとして用意されており、まさに自分自身が推理小説の世界に入ったような体験ができます。各シナリオは一度体験するとすべての謎が解けてしまうので一生に一度しかプレイできないことも特徴です。

所要時間

約3時間(説明、エンディング含む)

プレイ人数

7名

ご参加の際に必要な環境

オンラインでの公演となります。
Discordでのグループ通話を行い、盤面表示はユドナリウムを利用いたします。
シナリオの確認やゲームマスターとのやり取りで一部チャットを利用する場面もございます。

スマートフォンからは参加できません。
参加者様はパソコンのご用意をお願いいたします。

当日のプレイタイムまでにサーバーを設置してご案内いたします。
事前にシナリオを配布を行い、開演までに読み込みをお願いいたします。

クレジット

監修:酒井りゅうのすけ
シナリオライティング:秀島在(HOX)
キャラクター・キービジュアル:越水ナオキ
デザイン:秀島在
ロゴ:白坂翔
総合企画:運営T

(C)dwango・Rabbithole・越水ナオキ・後藤貴徳

料金(グループチケット)

24,500円【3,500円/1名】(税込)
※グループチケットのみの公演となります。
※チケット購入後に幹事様(購入者様)に連絡をさせていただき、サーバーに他のプレイヤー様をご案内いただきます。

会場

本公演はオンライン公演となります。

ご予約

ご予約はこちらから

ご予約後のメールにご連絡事項がございます。
必ず確認をお願いいたします。